ちぐさランダム860号

(ハワイ最新ニュース)ピンのロコモコってどんなの? -このお値段・・・うぅう!!-  内容:ブルーミングデール3階フォーティー・キャロッツの超高級ロコモコ

Sent on 05/28/16

   

  ちぐさランダム860号   

 

ピンのロコモコってどんなの?

ーこのお値段・・・うぅう!!

(ハワイ最新ニュース)ちぐさランダム859号で本場ハワイのロコモコには、ブラウンのソースだけでなく、いろんなソースがあるってご紹介しましたが、お値段で比べることも出来るという話になり、調べていくとピンからキリまで。速水もこみちが料理の奥にはいり趣味から特技のMoko's Kitchen、ロコモコもピンロコとかキリモコになったりして。まさか・・・

今回は、そのうち最近オープンしたレストランで、ピンのロコモコを出しているお店におじゃましてみました。

●ピンのロコモコってどんなもの?

写真右がピン・ロコモコ~!!
ハワイ島コナ産のロブスターに、地産の新鮮な卵(カレイという有名な卵屋から)、フォアグラのソテーにイタリア産ブラック・トリュフのソースがかかったロコモコ~!!

お値段は、なななんと45ドル~!!
いかがでございましょうか?
値段がピンなのは、食べずとも素材でピンとくる~

実をいうと、このお店に来てお値段を見て食べることを断念。残念、無念・・・


しかし皆さんにお見せしたくって写真だけでもとお願いしたところ、エグゼクティブ・シェフのジョン・マツバラさんが快く送ってくれたのが、この写真。
フォアグラにロブスターにブラック・トリュフ。ロコモコならぬフレンチモコって感じの超高級ピン・ロコモコ。

いつかこれを口にできる日がくることを楽しみに~。もし食べた方がいたら感想をお知らせください。もちろん美味しいのに決まってますけどね。

  
 写真左:フォーティー・キャロッツの外観      写真右:明るい店内

遅くなりましたが、この店はアラモアナ・センターのエヴァウィングに出来た高級デパート「ブルーミングデールズ」の3階「フォーティ・キャロット」。せっかく来たからには、ロコモコがダメでも何か美味しいものを食べなくっちゃというわけで、注文したものが写真左下。

  
 写真左:我々の頼んだオーシャンサラダ  写真右:お隣のテーブルはオープンサンド

写真左に見えるのが、オーシャンサラダで28ドル。我々の予算からはオーバーだったのですが、Kaukauのクーポン10%オフが使えて、気が大きくなりました。

このオーシャン・サラダにはエビ3つ、カニの身、ロブスター1/2、アヒの切り身3切れ、アボカド、アスパラガス、トマトに新鮮なサラダ菜がいっぱい入り、ソースはポン酢とマヨネーズをあえたもの。我々2人ではこの一品で十分な量でした。

目は胃袋より大きいとか。もう一品頼んでしまったのは写真右の「Bloom-Mi」という温かいサンドイッチ。

ローストポーク薄切りがいっぱい入り、人参やピクルス、野菜、香草で15ドル、添えられたスープにつけて食べます。

結局オーシャン・サラダでお腹がいっぱいになり、このブルーム・ミはお持ち帰りとなりました。香草が苦手な我が家ですが、それを取り除いたら大変評判がよかった!

お隣のテーブルはオレゴンからの日系ご夫妻で、ウエイトレスが勧め我々も食べたかったオープンサンド「Kona Lobster Tartine」25ドルを注文。ロブスターが新鮮でとっても美味しいとは奥様のコメント。


  
 写真左:飲み物やスナックを販売するコーナー 写真右:フローズン・ヨーグルト

ところで、入口左に飲み物やペイストリーを販売している所があり、ここでも売っているという低脂肪でヘルシーなフローズン・ヨーグルトのサンプルをいただきました。ブルガリア、コーヒー、イチゴ味などさっぱりしておいしく、あれだけ食べたのに、デザートは別腹でさっといただくことができましたぁ~!!

 

●お知らせ
6月1日よりハワイ島の火山国立公園(キラウエア)ならびにマウイ島のハレアカラ国立公園の入場料が一人8ドルから10ドルへ値上げとなります。

自転車や車についても同様で詳細はスターアドバタイザー紙の5月19日号をご覧ください。



高値の花には触れない姫庵より

 

 

 


●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!