ちぐさランダム910号

(ハワイ最新ニュース)ハワイのロマンの神髄!! -そこまでいけば、ここまで満足ー  内容:ホクレア号、ヒルトンのBBQ&ブルース・フェスティバル

Sent on 06/23/17

     

  ちぐさランダム910号   

 

ハワイのロマンの神髄!!
ーそこまで行けば、ここまで満足~ー

 

(ハワイ最新ニュース)6月17日(土)はハワイにとって記念すべき日でした。

写真左は、ハワイ・コンベンション・センターの横に停泊中の「ホクレア号」(ホクレアとは牛飼い座の一等星アークトゥルスのことで、喜びの星という意味がある。この星を頼りにポリネシア人はハワイに航海してきたとされる。)、世界一周航海で23か国訪問という大事業を終え、3年ぶりにアラモアナビーチに戻り、数万人とも5万人ともいわれる人々の歓迎を受けました。

ホクレア号は、古代ポリネシア人が海図や羅針盤などの器具を使わず伝統的な航海術でハワイにたどり着いた事を実証するために、アメリカ建国200年記念の一環として1975年建造されたもので、今回の航海も同様で、すばらしい偉業を成功させました。

この小さな船でよくまぁ3年も世界を回ってきたと思いますが、3年間で200名以上のボランティアが乗船して手伝ったとのこと、すごいですね。

6月11日には国立科学博物館が、竹を束ねた船を使って、3万年ほど前に台湾から沖縄に渡った航海の再現試験航海を台湾南東部の沿岸で行い、残念ながら黒潮に阻まれてしまったという記事を読んだばかりで、「人類の海への憧れ」のロマンをこれらに感じた次第です。

さて、同日夕方から、すぐ近くのヒルトン・ハワイアン・ビレッジのグレート・ローンで「第二回恒例ホノルル・BBQ&ブルース・フェスティバル」が開催されました。

    
  写真左:思い思いの格好で生演奏を楽しむ 写真右:おいしいBBQを楽しみながら

このフェスティバルは4月から7月まで行われている80以上もの音楽イベントを開催する「メレメイ」というハワイ音楽祭の一環で行われたものですが、ヒルトンがかかわっていることもあり、本当にすごかった~!!

  
 写真左:アメリカ南部の伝統的なBBQ 写真右:ナホクを何度も受賞のウイリーK

特に今回はギターやスラッキーギター、ウクレレなどの演奏で超一流、ハワイアンやロック、ブルースも大得意というウイリーK(ウイリー・カハイアリイ)さんが5時半から7時まで出演するってわかって、こりゃ行かなきゃあ~!!ブルーノートにウイリーKさんが出る時は、満席になるので早く予約して早く行かなくっちゃという声が聞こえるほどなんです。
 
    
    写真左:スモークド・ブリスケット    写真右:スペアリブ

VIP(入場料50ドル)は4時15分から入場OK,一般(35ドル)は5時から。これに加えて、メインディッシュの食事が一品10ドル、ビール8ドル、ワイン11ドル、デザートやサイドのマッシュポテトやコーンは6ドルという料金。ウイリーKさんが演奏を始めると、芝生に座っていた観客が立ち上がりダンスしたり、腕を上げて応援したり、ここにも音楽のロマンがあふれていました~!!

メインディッシュは、アメリカ南部のロマンがいっぱい~!!特においしいと思ったのが、スモークド・ブリスケットといって牛肉の肩バラ肉を長時間燻製焼きにしたものとか、スペアリブに南部のBBQソースを使ったもの。柔らかい肉になっていて、サンドイッチにして食べるとおいしく、今でも思い出すとよだれがでま~す!

メレメイのオアフ島での最後を飾るのは、7月16日の第47回ウクレレ・フェスティバル!!

こちらは入場料無料で今回のウィリーKに加えてオータさん、ハーブ・オオタ、マノアDNAなどが参加してくれます。

800人以上もの子供たちが参加して4時間以上も行われるこのウクレレ・フェスティバルも見どころの1つです。ここで燃え滾る若いロマンを感じていただければ幸いです。

何がハワイのロマンか走る姫庵より

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!