ちぐさランダム917号

(ハワイ最新ニュース)ハワイでこの驚き「なんだ、なんだ?」  -ハワイ旅行の神髄は驚きと感動にあり!!なんちゃってー  内容:マジックオブポリネシア、ジェイド・ダイナスティー、スマホ禁止について

Sent on 08/11/17

     

  ちぐさランダム917号   

 

ハワイでこの驚き「なんだ、なんだ?」
ーハワイ旅行の神髄は驚きと感動にあり!!なんちゃってー

 

(ハワイ最新ニュース)旅行って日常生活からの脱出ってよく言われます。観光地では、その非日常を如何に演出して見せ、感動を呼ぶかが常に求められるので、今回はそれを探してみることに~~。



●常夏ハワイなのに降ってくる驚き~!!

ちぐさランダム912号で紹介したマジック・オブ・ポリネシアのダメ押し追加取材~!!

あの時あまりの驚きがあったので、純真な子供たちに見せたら、一体どんなリアクションをするか知りたくなりました。

丁度誕生日が近いというのが二人いることもあって、彼らをここに招待することに~!! なお食事ですが、前回はDLXとフキラウを試食ましたが、今回は人数が多いこともあり、それらに加えてSTDとキッズ・メニューにも追加挑戦した取材となりました。

  
     写真:左がDLXのステーキ、右がフキラウと呼ばれるシーフード

ここのDLXのステーキやフキラウ・シーフードは、まさにレストランで食べているような美味で、出来立てをサーブしてくれるので最高でした。ここのカクテルショーでもいいのですが、ディナー・ショーにした方が、
1.美味しい食事にありつける 
2.ディナーとショーで料金も割安という一石二鳥に加え、席もいい。

なおDLXとフキラウのメニュー、どちらも大好評でしたが、柔らかく味がいいステーキにちょっと軍配が上がったのは、メンドクサがり屋がいたせいかも。カニの肉を取り出すのが苦手だとね・・・。でもシーフードが好きなひとはこちらをぜひ。日本と違う出し方食べ方に驚きがあり~!!

  
 写真:左が大人用STDで魚とチキン、マッシュポテト、右は子供用のチキンとマッシュポテト

今回食べたSTDメニューは、白身魚のパン粉揚げと、ショウガとゴマ風味のチキンにマッシュポテト、温野菜の取り合わせ。子供用メニューはSTDと比べると魚がついていないの違いだけで、どちらもサラダとパン、デザートがついてきます。

食べた感想は・・ショウガやゴマ味になじんでいるので、美味しかったのですが、マッシュポテトの代わりにごはんが欲しかったということでした。日本人やローカルの日系人はやっぱりお米ってことになるんですよねぇ。このチキン・ソースをかけて食べると、うぅう美味しさも格別。

  
  写真左:スライドを使ったショー前の余興  写真右:誕生日の子にはデザートにロウソク~!

マジックショーが始まる前に、ジョン広川さんが、舞台前でいくつかの余興をしてくれました。カメラマンがついて、舞台の上のスクリーンに細かいマジックを大きく映し出してくれ、とても分かりやすかったです。ショーがスタートする前、デザートのケーキに、ハピーバースデーのチョコレート・デコレーションをして、ロウソクをともし、持ってきてくれました。

この雰囲気で続いてマジック・ショーが始まると、そのままかぶりつき、ヘリコプターや大きな車の登場などに驚き、また大笑い。

年齢が小さい事もあり普段は途中で厭きてしまうのですが、このマジックショーは最初っから最後まで驚きが連続して続き、じっと見つめていました。残念ながらショーが始まると写真を写すことができませんでしたが、マジック・オブ・ポリネシアのWEBからショーの雰囲気をご覧ください。 

   
そしてポイントの最後は、上から雪が降ってくるというシチュエーション。雪の体験がないハワイの子供、最後の大掛かりなマジックに諸手を挙げての大喜びでしたぁ~!!

子供たちに、驚愕のフィナーレをプレゼントしてくれたジョン広川さん、ありがとう、このアイデアとパーフォーマンスに乾杯!!

雪が降ってくるのを見たことがある子供たちにとっても、高い真っ黒な天井の奥から白い雪(?)が舞い落ちる様は「驚き」以外の何物でもないことでしょう。

 

●「この髭食べるの??」なんて、驚かないで!!

アラモアナ・センターではチャイナハウスが閉まってからしばらく美味しい飲茶を食べさせる大中華料理店がありませんでした。そこに後釜として2011年1月入ってきたのが、20以上も香港にレストランを持つ有名なFeng Shing Restaurant Group、香港スタイルの美味しい飲茶を提供する店をオープンして早6年半となりました。

  
   写真左:ジェイド・ダイナスティ―の外観 写真右:混雑している店内

場所はアラモアナ・センター4階ホオキパ・テラス、店前に馬の銅像が2頭いる「ジェイド・ダイナスティ・シーフード・レストラン」がそれで、メインの飲茶がメチャうまく、行列ができる店として開店以来ずっと流行っています。店内は8千スクエアーフィート(740㎡)と広く、大ステージや個室も7つあるという具合。

お昼時近くにもなると上の写真のように店内は満杯状態、急遽宴会場に使っている部屋をオープンしてくれ、10分程の待ちで済みましたが、普段はもっと待ち時間がかかるとか・・。ラッキー!

オーダーの仕方は、多くの飲茶店のようにカートで回ってくるのではなく、伝票で注文。店によると、この方が新鮮で出来立ての物を提供できるからとか。

   
 写真左:「65シーフード・ライススープ」$9.95 写真右:「67チョイサム」$8.95

テーブルに置かれるのは、各種メニューが番号順に書かれてチェックマークができる伝票と、同じく商品番号と値段が書かれた写真付きのメニュー。これらを見ながら自分たちで伝票に書き込みます。 エビとニラの蒸し餃子(ダンプリング)21番 3ドル85セント 1皿とか、タロイモの揚げたパフ 26番 3ドル85セント 1皿とか・・・それをウエイターが受け取り、オーダーとなるのです。だからでしょうか、店の中は豪華な割には・・・料金はお手頃なのがうれしい。

ここの朝がゆが大変美味しいという評判で、まずはこれを注文。1つ頼めば3~4名にちょうどいい量。お腹にやさしい味わいで、特に日本からハワイに帰ったばかりの胃袋には一番だとのこと。もちろん野菜としてオイスターソースがかかったサムチョイも絶品でした。

  
 写真左:おすすめ「46龍髭蝦丸」$4.60 写真右:「55シュリンプ・ルックファン」$5.85

そして、今回ご紹介したいのが、ここのシグニチャー46番「龍髭蝦丸 Deep Fried Shrimp Ball」。エビを「しんじょう(すりつぶしたもの)」にしてあげたものですが、龍の髭を思わせる一品にしていて、名前のつけ方も最高~!! 髭の部分がサクサクとして、マヨネーズを付けて食べると、プリプリしたエビしんじょうと合う一品となっていました~!!

このような「驚きの飲茶」がでてくると食が進みますねぇ~!!おかげですべての飲茶を堪能しました。チップや州税を入れて3人で7品食べて、一人20ドル弱。飲茶となると、お値段もうれしい驚きでした。

   

●「怖いゾンビをやっつける驚きの方法!!」

ホノルル市はこのたび道路横断中の「歩きスマホ」に対して、10月25日から罰金を科すことを決定しましたぁ~!!これって全米初だということで驚きですが、歩きスマホは危ないものねぇ・・・

スマホだけでなく、デジカメや携帯型ゲーム機などの画面を見ながら道路を渡ることを禁止した条例で、罰金は犯した回数によって変わります。

1回目は15~35ドル(1500~3500円)、2回目は35~70ドル、3回目になると75~99ドルで、最高額は500ドル(5万円)ほどにもなるとのこと。

ただし、緊急時で911に電話をかけたり、イヤフォーンを付けて音楽を聴きながらの横断歩道は違法ではありません。アメリカのメディアを見ると、歩きスマホをする人々を「スマートフォーン・ゾンビ」と呼んでいて、このゾンビを消すには怖い思いをさせなくっては~っていうわけ??!!


いろんな事に超驚いている姫庵より

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!