ちぐさランダム929号

(ハワイ最新ニュース)ハワイのこんな疑問に答える!! -それって大事なことばかり~~-  内容:ホノルル警察の新署長、キリンの入口、トンカツ玉藤が流行る理由、ホームレス対策の効果やいかに

Sent on 11/03/17

        

 

  ちぐさランダム929号   

 

ハワイのこんな疑問に答える!!
ーそれって大事なことばかり~~ー

 

(ハワイ最新ニュース)ホノルルは全米でも最も安全な都市の1つですが、この度ホノルル警察の歴史85年の中でも史上初となる「女性警察署長」が誕生~!! 

全米で20番目に大きいホノルル警察にとって、今は最も混乱している時で、ホノルル警察委員会が最終選考で残った7名の候補者から、全員一致で選んだ女署長の名前は・・・スーザン・バラード氏。32年間にわたるホノルル警察の経験をもつこの人物が、年収19万㌦(約2千万円)5年の任期で、ホノルルを守る長を務めることになったのです。

  
     写真:世界から訪れる観光客も安心できるホノルル、ワイキキ

〇彼女の任務の一番大きなものはなにか~!!
それはHealer(ヒーラー)となること、つまり「心身の癒しを行う人に~」とメディアなどを通じて言われているようなんですが、その理由とは・・・

2月に巨額の退職金をもらって引退した前署長ケアロハ氏は、在任中に権力を悪用して詐欺罪、虚偽罪、陰謀罪などで夫人共々逮捕され、おのおの10万ドルの保釈金を払って釈放されたばかり。

検察官でもあった署長夫人は、さらに銀行詐欺や個人情報盗難の余罪もあるようで、連邦当局からの20件余にわたる起訴で世論を騒がしています。

というわけで、スキャンダルに襲われ、士気も落ちて危機に瀕しているホノルル警察の長として「癒しという大事な任務」を全うし、早く国民の信頼を回復させるという最重要事項を推進しなくちゃならないんで~す。こんな大役こそ女性が適性だったりして・・女性だけに助勢するのは得意だから~~!!

 

〇なぜ入口が3つもあるのか??
この度ハイアット・リージェンシー・ワイキキのホテルに、モイリイリ地区から移転した有名中華料理店「キリン」。写真右はカラカウア通りからみた入口なんですが、調べていくと、ここ以外にあと2つも入り口を発見!!


キリン入口2はホテルの中側にあり、入口1と2は表裏一体、合体して地下のレストランに降りて行きます。入口3は入口1と同様カラカウア通りに面し、即地下に行く階段になり、そこからレストランに~。

  
   写真左:ホテルの内側からの入口2    写真右:カラカウア通りに面した別の入口3

この「キリン」店は、前にここにあった「シーフード・ビレッジ」店を居抜きで買い取り、すぐに営業を始めたことは、ちぐさランダム927号でご紹介済。つまり入口が3つあるのは、前任者ならぬ前の店が作ったことに由来。ということで終わってしまってはつまらない。

  
   写真左:カニやロブスターの生け簀から出して・・  写真右:店内も元のまま

居抜きで引き受けた「キリン」は、ダイナスティーやアトランティス・シーフード&ステーキのオーナーで、「これからどんどん美味しい食事を提供する。」という意欲がほとばしり出ているように感じたのです~!!というわけで、3つ入り口があるこの店を買い取ったのは、各入口からドンドン客が入ってくれると踏んだからだと思うのです。

 
入口1,2から降りていくと見える生け簀には、たくさんの生きたカニやロブスターが入っていて、それらを使った料理がこの店の目玉とみます。

しかしそれ以外にも、毎日11時からスタートするランチでは飲茶も美味しく、そこで出されるエビはぷりぷり、シュウマイもウマイ~!!

レストランの収容人数は220名、14名・20名・70名入る個室もあり、グループには最適だとおもいま~す!!カニがメインだけに、入口3つそろいで、いかに繁盛させるか計算済みですって。

 

〇技あり、おもてなしあり、行列あり、なんでもある?
会社の目標を「従業員のより豊かな(幸せな)人生を実現する企業づくりを目指す」としたのは、北海道にある創業昭和27年(1952年)のトンカツ老舗店「トンカツ玉藤」。

その店が、入念な調査の上、カパフル通りヒーヒンプラザ2階に、2017年2月ハワイ店をオープンして早や9か月余。「開店と同時に行列ができる店で、食べるのは大変だよ。」という噂が流れ、待つのが苦手なため敬遠していたが、ようやく重い腰をあげて、待つ覚悟で行ってきました。

営業は土・日のみランチを11時から2時まで開けていて、ディナーは5時から9時半、他の日はディナーのみの4時から9時半まで(定休日火曜)。

行列ができるとはいっても9か月も経つから、それほどでもないだろうけど・・と思いながら、友人と10時半に目的地へ。

友人が「先に行って、名前を書いてくるね。」と、駐車している私を置いてタッタッタと階段を登って行った。

後からゆっくり行った私の目に留まったのは、すでに並んでいる人たちの多さ。そして開店の11時を待っている30分の間にも、次々と客がやってきて、店の前に置かれた書類に名前と人数を書き込む。

友人曰く、「我々は6番目だから、大丈夫入れるよ。11時を逃がすと、みんなが食事が終わる12時か12時半まで待たないといけないからねぇ。」だって・・・びっくりしました。かたずをのみながら順番に合わせて入っていくと、店内はすぐに一杯に。外を覗くと、今まで一緒に待っていた顔もあり、次の回転まで待たざるを得ないようで、5分の差が案外大きいもんなんだと感じた次第。この人たちこれから1時間待ちなんですね。でも美味しければ、待つのも苦にならないなんて、中で座ったから言えるんだけど。

  
 写真左:玉藤の店内11時5分でこの通り   写真右:今回頼んだヒレカツ3つの定食

ご飯は北海道ブランドのななつぼしか、炊き込みご飯(この日はアナゴの炊き込みご飯)、五穀ご飯の3者から選択でき、みそ汁も赤味噌か白味噌、具は「あさり・ネギ」組か「豆腐・ワカメ」組から選ぶ。トンカツソースは甘口と辛口が置いてあり、キャベツとごはんはお代わり自由!!結局は、たくさんあって、目は食べたいというが、お腹は一杯で、キャベツもご飯もお代わりできず悔しい~~!!次回はお代わりするぞ~!!

注文が終わると、早速漬物が入った器3つと取り皿を持ってきてくれ(漬物は梅干し、沢庵、キャベツ)これも食べ放題。そして胡麻のはいったすり鉢とすりこぎで、ゴシゴシとゴマすりに専念。特に浅漬けのキャベツが美味しく、何度もいただいてしてしまいました。漬物も器ごとお代わりできました。

今回頼んだものは熟成ヒレカツ3個定食$18.50でしたが、サクサクして、中はジューシー、そりゃ、美味しかったこと。

北海道で9店舗展開するトンカツ玉藤のWEBを拝見すると、手作りパン粉、ふんわりしゃっきりキャベツなんて宣伝していて、ハワイでもドンピシャの美味しさでした~!!

トンカツ玉藤の会社「どうきゅう」の会社概要を見ると、牛角のフランチャイズ7店舗とか病院や特別養護老人ホームの受託給食、社員寮の食事、学校給食などもあり、特に老人ホームの給食などは、日系人のジジババが大喜びするから、ぜひぜひハワイに出店してくれないかって思っちゃった~!!高齢者向け日本食の宅食、配食サービスぜひ頼みたいです。

ココが流行る理由は、トンカツ専門店として美味しいことに加えて、ご飯やみそ汁に工夫を凝らし、漬物もふんだんにと、WEBにも載っていた老舗職人の技とおもてなしの心がハワイの人にもぴったりと来たからと見ましたがいかがでしょうか!!

 

高価な「ホームレス対策」効果は出る?それとも硬化して動かない?

  
 写真左:カカアコ・フロント・パークに見えるのは・・    写真右:えひめ丸の慰霊碑

2001年2月、オアフ島沖合で、米海軍原子力潜水艦グリーンビルが愛媛県立宇和島水産高等学校の練習船「えひめ丸」に衝突、乗組員35人のうち教員5人生徒4名が亡くなるという痛ましい事故は、今も鮮やかに記憶に残っています。

その慰霊碑が建てられたカカアコ・ウォーター・フロント・パークは、ホームレスのたまり場になっていて、上の写真左からも青いテントが見えるほど、非常に荒んだ場所になっていました。

2017年10月初めホームレス対策のために、ここを含むカカアコの3つの公園を一時的に閉鎖。カカアコ地区には180名余りのホームレスがテントをはって住み着き、生活ゴミを排出する上に、彼らの保有する犬が人を噛んだり、街灯やトイレの器物損壊などに加え、公園利用者にも迷惑をかけるなど多々問題発生。

このためホームレスにはシェルターなどに入るように説得、それでも動かない人は公園から追放、ハワイ州知事イゲ氏は、11月からプライベート・セキュリティーを置いて、夜間もホームレスの動向をチェックしていくとの声明がだされました。ホームレスの汚した公園の清掃も、壊した器物修理代も、セキュリティーの費用も、なにもかもすべて我々庶民の税金から支払われるのです。効果がある対策ならば、高価でも払う価値はあるけどね・・。

 

疑問って種々ありますが・・の姫庵より 

 

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!