ちぐさランダム949号

(ハワイ最新ニュース)ハワイの小さなニュースも集めると・・?  -ハワイらしいニュースかしら~~?-   内容:ホームレス野生ニワトリ対策、オロマナ山その後、ビキ拡大

Sent on 04/06/18

        

   ちぐさランダム949号   

 

ハワイの小さなニュースも集めると・・??

―ハワイらしいニュースかしら~~?!-

 

(ハワイ最新ニュース)大リーグ・エンジェルスの大谷翔平は、メジャー初アーチに続き、4日のインディアンス戦でも剛腕クルバー投手から2ランを奪い投打とも快調。

日本のベイ・ブルーズといわれ始めていますが、彼の名前がアメリカ人にも大変親しめる名前なのが、功を奏しているのかも~ぉ~!名前って大事だよね。他の国でどんな意味になるのかも考えながらつけるのはむずかしいけど。RYOとかRYUなんていうのは、特に発音が難しいような気がするのは私だけかしら・・

この所メディアに出てくるのは、彼の名前「翔平」と華々しい活躍を合わせた言い方で、見出しに出てくるのが「Show Hey!」

〇ハワイのこんな困ったことが、大きなニュースに~!!これがニュースになるなんて、ハワイも平和です・・・
  
  写真左:道路を我が物顔にするニワトリ  写真右:卵からヒヨコが孵ってる~!!

ハワイで今問題になっているのは、人間だけではなく、ホームレスのニワトリ!!
ハワイニュースナウによると野生の鶏問題はかなり大きく、繁殖しすぎて多すぎて、「うるさくて眠れない~!」という苦情がちょくちょく寄せられるとか。

市の条例では、動物のオーナーは夜10時から朝6時までは静かにさせないといけないとなっています。これを破ると25ドルから500ドルの罰金が科せられしかも裁判所に出頭しなければなりません。

市の公園や私有地などにはびこるニワトリはドンドン増えて、クレーム電話もドンドンとかかっているとのこと。私もカイルアに住んでいた時、朝4時から野生のニワトリが発する「コケコッコー」という声に起されて、参りましたが、あのニワトリは、農家が捕獲して払い下げられたとか・・・。

市政府によると、過去の事例からは、効果的な捕獲方法が見つからず、どうしたものかと頭を悩ませているらしい。

実は過去に16万㌦を使って1477羽の鶏を捕まえたのです。ということは一羽の鶏を捕まえるのに108ドルもかかったということで、ホノルルの市長は市の予算をこれ以上使うことに懸念を示しています。さて、なにかこれぞという捕獲方法ありませんか?

なお捕まえた元気なニワトリはオーガニックとして食肉にできますし、元気のないニワトリは政府でチェックしてくれるということもお伝えしておきましょう~!!

 

先週のランダム948号で、3つの頂を持つオロマナ山のことを、かなり険しく危険な山であることとともに、語源や神話なども踏まえてご紹介しました。

その直後に、残念ながら登山者の方が亡くなるという事故が発生しました。4月1日(日曜)のこと、オロマナ・トレイルで24歳の登山者の方が400フィート(約120m)滑落。

2014年4月にも若い消防士の人が亡くなっていて、過去7年間で3名死亡という状況下。この山はハワイのなかでも非常に危険で、登山家の植村直己さんが亡くなられた山に例えてか、「ハワイのマッキンリー」ともいわれているようですので、登るならば対策も十分してからいってくださいね。

 

〇タレントのベッキー(Becky)復帰、ハワイのビキ(Biki)も拡大へ~!!
色々あったようですが、最近ビッキーがテレビ復帰して元気な顔を見せていて、今までの純情派から大人の女に変身した感あり。ところでハワイのビキも大いに活躍して、先日もニュースになったんです。

  
  写真:ワイキキ・ビーチ前にあるBikiのステーションと、その青い自転車

最近はワイキキやアラモアナで青い自転車(Biki)に乗った観光客や地元民をよく見かけるようになりました。統計によるとオアフに住んでいる住民が、シェアの64%をしめるとか。

最初スタートした時は、1000台の自転車に100か所のステーションだったのですが、今年の中頃にはステーション数も大幅に増えて、自転車も1713台だって~!!

今後増えていく地域のステーションは、ハワイ大学のあるマノア地区に6~8か所、マキキ地区7~10か所、ドールパイナップルのあるイヴィレイ地区3~5か所、ダイアモンド・ヘッド3~5か所ということで、利便性も益々増しますね。現金やチェックはだめで、クレジットカードかデビットカードしか使えません。30分$3.50、5時間20ドル、詳細は日本語のWEBをご覧ください

小さなニュースも大きくいや大いに報道の姫庵より

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!