ちぐさランダム957号

(ハワイ最新ニュース)インスタ映えのハワイ・・・   -だから人気がますますでるんだぁ~!!-   内容:進化するクアロア牧場、ティム・ホー・ワンの飲茶体験

Sent on 06/22/18

           
   

  ちぐさランダム957号   

 

インスタ映えのハワイ・・

―だから人気がますますでるんだぁ~!!-

 

(ハワイ最新ニュース)花嫁の父というのは、非常に空しいものですねぇ。これが最後の引き立て役というバージンロードを娘と一緒に歩いても、手塩にかけた大事な宝を憎き新郎野郎に渡さなければならない。

今回はそんなお父様のたっての要望で、ハワイにハネムーンに来た新郎新婦の邪魔にはなっても、役に立つとは思われない(?)「お供リクエスト」がはいりました。

しかも行く先が乗馬で有名な「クアロア牧場」~!!人の恋路を邪魔する奴は、馬にけられて・・ってわけじゃあ??

映画好きな新郎のハネムーン・ハイライトが「クアロア牧場の映画ロケ地ツアー」。昔何度か見たのですが、また変わっているかもと思い、お二人の「お邪魔虫」になることに決めた所、世相に合わせてすっごく進化していたツアーで、思った以上に堪能できましたぁ~~!!

クアロア牧場と言えば、1850年にカメハメハ大王の相談役だったゲリット・ジュード氏が、622エーカーの土地をたった1300ドルという値段で譲り受けたのが最初。その後サトウキビ栽培に力を入れ、オアフ最初の精製工場も作り、繁栄したのもつかの間、煮立った釜の中に跡取りが落ちて死亡、干ばつが続き工場閉鎖となり、サトウキビ業界からあえなく撤退。

1900年代には牧畜を営み、戦中は軍が使用したものの、1980年代から「クアロア牧場アクティビティー」として生まれ変わり、現在に至っています。今では乗馬、四輪バギー、プライベート・ビーチ、映画ロケ地ツアーに加えジップラインやeバイク・アドベンチャーなども加わり、日本やアメリカ本土カナダはもとより中国や韓国からも多くの人が訪れ、予約が取れないことも多々ある人気アクティビティーに成長。

新しいツアーの導入にも積極なのですが、なぜこうも人気が継続するかという疑問がフツフツと・・でも今回の映画村ロケ地ツアーで、解明の糸口見つけたり!!

   
 写真左:牧草地での牛を見ながら、昼は・・・写真右:冷房もないおんぼろ(?)バスで回る

クアロア牧場は「ジュラシック・パーク」・「ジュラシック・ワールド」、「ロスト」、「ゴジラ」、「50回目のファーストキス」、「ジュマンジ」など話題作のロケ地に選ばれロケ地ツアーもドンドン進化してました。昔は日本人になじみのない映画も説明があったけど、多く撮影された今は、端折り方もうまくなって、メインのみを案内するのもよかったが、それにしても、あの若いガイドさんが、上手だったなぁ・・・、

ジュラシックパークの有名な「横たわった大木」の前での「撮影スポット」。お客様の写真をガイドが撮影してくれるのですが、面白い小道具を用意。しかも「恐竜に驚いた様子をしてください。」といわれた客も乗るのがうまい。驚愕の顔に合わせて出来た写真が↓の傑作・・・

 

  
  写真左:ガイドが写真を撮る時一味加える  写真右:左から恐竜が現われ、「ぎゃ~!」

今にも恐竜に襲われそうな「インスタ映え」した画像は、お客様の手によって方々に拡散される。そのあとガイドのさらなる一言「どうぞ、これを使ってドンドン撮ってください。」~!!

そこでできた写真が、これ~!!クアロア渓谷で、恐竜に襲われ逃げるという図が出来上がる。

今の若い人はどうやったらインスタ映えするかよくわかっていて、演技もうまいんですよね。 

こんなのが流れてくると、行ってみたいという想いはもっともっと強くなるもんだ。商売うまいなぁ~~

その後もツアーは続きますが、「Kong Skill Island」では恐竜の骨が沢山出てくる場面があり、それもうまく利用。発泡スチロールで作られた骨は思ったより軽いということで、この後訪れるサイトには骨を展示してあり、持つこともできました。

  
  写真左:Kong Skill Island での恐竜の骨 写真右:その骨を持ってみると・・ 

パールハーバーの映画で使われた防空壕のような場所を最後の見学場所に持ってきて、映画のポスターや撮影で使われたプロップス等を置いたり、使われたセットを再現したり・・・

  
 写真左:中に入っていくと色々な展示が    写真右:ジャーニー2の展示

そして極め付きは、ジュラシックパークやジュラシックワールドをイメージして動く恐竜を置いてある部屋。ここでもインスタ・グループは大活躍していました。

  
 写真左:動く恐竜に囲まれて  写真右:カアアヴァ渓谷にはキッシングゴリラの岩が

そしてランチ時にはここで飼育しているクアロア・バーガーやカフク・シュリンプをいただきましたが、美味でしたねぇ。

   
  写真左:ピカ一の日本語ガイドさん 写真右:牧草食の牛を使った美味しいバーガー

   

映画村ツアーを満喫したハネムーナーをランチ後にお連れしたのが、ウインド・ワードモールというショッピングセンター。

29cm(アメリカサイズ11)という大きな足を持つ新郎はここで3足もの靴をお買い上げ。日本にはなかなか大きなサイズがないとのことで、喜んでいただけましたぁ~~!!

 

ところで、インスタ映えの有名なものはやっぱりレストラン。前回のちぐさランダム956号でもご紹介したロイヤルハワイアンセンター3階の「Tim Ho Wan ティム・ホー・ワン」に早速行ってきました。やっぱり、美味しい上にインスタ映えもばっちり。

        
        写真:ロイヤルハワイアンセンターの3階にある「Tim Ho Wan」

「ティム・ホー・ワン」は東南アジアや台湾、マカオなど数多く出店している飲茶レストラン。香港の第一号店が「世界一安いミシュランレストラン」として有名になりましたが、ここの押しは「注文をもらってから調理する」というもの。            

  
 写真:アツアツのベイクド・BBQ バン(3つで$5.75)を、2つに分けるのも熱い~!!

ここでの名物は4つ(大根餅、ベイクドBBQバン、チョンファン、そしてエッグケーキ)ということで、それらを全部いただきました。とにかくアツアツで来るので、ワゴンで回ってくるより美味しい出来立てが食べられるのが魅力。それにワイキキにあるのに、お値段が安い・・・。

   
  写真左:ぷりぷりで美味しいチョンファン   写真右:絶品の大根餅とエッグケーキ

一つご忠告。ここには一人で来ないで、3人か4人で来てくださいね。そしていろんな飲茶を皆さんで召し上がって、割り勘してください~!!そして、ちょっと早めにお越しください。今日もとても混んで行列になってました~!!

  
 写真左:蓮の葉で包まれたチマキ 写真右:ハワイ店でのみ飲めるドリンクスもインスタ映え

 

インスタ映えに力をいれたい姫庵より

 

 

 


 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!