ちぐさランダム959号

(ハワイ最新ニュース)対照的な2つのトレイルを持つ植物園  -あなたはジャングル派?それとも都会派?-  内容:ワヒアワ植物園、ワヒアワのお地蔵様

Sent on 07/06/18

           
   

  ちぐさランダム959号   

 

対照的な2つのトレイルを持つ植物園

―あなたはジャングル派?それとも都会派?-

 

 

(ハワイ最新ニュース)日本からの植物大好きご夫婦と一緒に、オアフ島の真ん中にある「ワヒアワ植物園 Wahiawa Botanical Garden」に行ってきました。

ちょっと雨交じりのお天気でしたが、この植物園は大木や竹が高く生い茂り、空に向かって広げた枝がしとしと降る雨を傘代わりに吸い取ってくれていました。

この植物園が、案外面白い~!!
野性味あふれるジャングル派にも、洗練された都会派にもどちらにも受けいれられそうな植物園なのです。

(写真左はジャングル派が喜びそうな大樹を眺めて高さに驚愕している所)

まずはワヒアワ植物園のスタートを振り返ってみると、1920年代サトウキビのプランテーション・オーナーの集まり「Hawaiian Sugar Planter's Association」が、ハワイ州から土地を借りて試験的に植物を植えたのが始まりで、植物園内に今ある大きな樹木のほとんどは、その当時のものだとか・・

27エーカー(11ヘクタール)もあるここは、ホノルル市の5つの植物園の1つとして、1957年スタート。特に気になるのは、この植物園には素敵なニックネームがつけられていて、その名前が「Tropical Jewel 熱帯の宝石」というもの。どんな意味をもつのでしょうか?ランダム独自に調査してみなくちゃ!!

  
 写真:駐車場の塀に絡みついている「翡翠かずら」がこの植物園のニックネームに・・?

ビジターセンターには「翡翠かずら」の大きな写真が飾ってあり、「この花はどこで見られますか?」と聞いたところ、スタッフがパーキング場の塀を指して教えてくれました。

そこにはどっしりした重みの「翡翠かずら Jade Vine」の房が幾つも咲いていて、その花言葉「私を忘れないで~!!」が、ビジターセンターに飾ってあった写真から我々に呼び掛けてくれたような気がしました。この垣根こそ「熱帯の宝石」というニックネームにぴったり。なかなか見ることができない貴重な「ひすい」が沢山咲いていたのですから!!見事に房を付けた翡翠かずらのことは絶対わすれられない・・

さて、ホノルル市には5つの植物園があると書きましたが、残りは 1.ダウンタウンの「フォスター植物園」2.ヌウアヌにある「リリウオカラニ植物園」3.カネオヘの「ホオマルヒア植物園」4.ハワイカイにある「ココクレーター植物園」。このうち「フォスター植物園」のみ有料で、あとはすべて無料となっています。

   
    写真:街灯もベンチも素敵、ワヒアワ植物園の洗練された都会派(?)エリア

  
    写真:整備された道を散策すると、大きな木にはシダやランが寄生している

都会派エリアは、無料の植物園の中でも一番きれいに整備され車いすもOK。ビジターセンターから続く散歩道は舗装されて歩きやすく、素敵な街灯やベンチなども置かれて座ってゆっくり草花を見ることができるようになっています。ゆったりとした上品な遊歩道で、パリかどこかに見られるような、都会派パークという雰囲気なのですが、が、が・・・ここの植物園は夕方4時に閉まります。疑問:素敵な街灯の灯はどんな時につくのでしょうか?灯がついている時までいられることもあるのかしら・

 
 写真左:階段を降りると様子は一変する 写真右:ゴロゴロ石や苔で滑る岩場を歩く

ところが、もう一つの顔がこの植物園には在ったのです。都会派という事態とは一変し、急なスロープや長い階段の下にある谷間に降りていくと、そこは「怪談話」にでも出てきそうなジャングル地区が姿を現します。

ゴツゴツした小石がゴロゴロあり、落ち葉でじめじめして、木の根っこが飛び出し滑りやすく、川が一時的に干上がったような道が続いています。しかも「鉄砲水に注意」とか「雨による増水に注意」などのサインもあり、ちょっと怖い。このまま進んでも問題ないかな?何かあったら「自己責任」?

これぞまさしくハイキングの雰囲気なんて思って喜んで歩いていたのですが、ずっと進むとどうも行き止まりのような・・・。植物園に隣接した家のベランダから白人が顔を出し、日本語で「アブナイ、アブナイ」と言われて引き返すことに。

途中倒れた大木を切り倒したあともあり。上に戻る階段はいくつかあり登って見たものの、行き止まり。最初におりてきた階段まで戻らなければなりませんでした。

都会的な散歩道と野性味あふれる谷間のジャングル・エリア(?)という2つの顔を持つ「ワヒアワ植物園」。

対照的な2つが無料で見られるのですから、ぜひ訪れてみてください。朝9時から夕方4時まで毎日オープン。ただしクリスマスと元旦はお休みです。 住所:1396 California Ave. Wahiawa

  
       写真:ここで見られたヘリコニアやジンジャーの花々

左の地図で、緑色の道が車いすでいける舗装された散歩道となっています。

色がない道は、階段や急なスロープから降りていく谷間で、滑りやすいのでご注意を。

対照的なトレイルは、面白さも倍増。なお、蚊や虫がいるので、虫よけの薬をお忘れなく。飲み水も持っていきましょう。トイレはビジターセンターの所にあるので、ハイキング前に済ませておきましょう。毒のある花や実、葉っぱがあるので、むやみに触らないようにご注意くださ~い。

〇ワヒアワのカリフォルニア通りに来たので、ここにあるお寺で地元の方に大事にされている3体のお地蔵様のお姿を久しぶりに拝見してきました。

  
   写真左:ハワイらしいお地蔵様    写真右:広場には盆ダンスの櫓が・・

ちぐさランダム388号でもご紹介していますが、曹洞宗龍仙寺にあるお地蔵様達。左は1913年海上安全を祈願して作られたもの、真ん中は1922年に寄贈されたもの、そして右はウイルソン池のほとりにあったもの。戦時中はどれも受難を受けられ、台座や鼻や口などがかけているけれど、今は安住の終の棲家におさまり、お顔もやさしく見えました。このお寺では今年は7月20,21日に盆ダンスが境内で行われるため、櫓も組まれていて、日本の田舎を思い出しました。

都会派もジャングル派もどちらも好きな姫庵より

 

 

 


 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!