ちぐさランダム961号

(ハワイ最新ニュース)子供が喜ぶハワイのアクティビティーとは・・・!!  -猛暑の日本から常夏で差やワカナハワイへ脱出ー   内容:ホテルのプール、海での水遊び、天使の海でのシュノーケル、アウラニで変身

Sent on 08/03/18

         し   
   

  ちぐさランダム961号   

 

子供が喜ぶハワイのアクティビティとは・・!!

―猛暑の日本から常夏で爽やかハワイへ脱出!!-

 

(ハワイ最新ニュース)2週間お休みさせていただきましたが、その間日本では、猛暑や台風、豪雨に見舞われ続け、被害を受けた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

丁度日本からやってきた人が、「ハワイも常夏で暑いと思ったが、日本の蒸し暑さに比べると、なんと過ごしやすい、こりゃ天国だぁ~!」

そうなんです、ここハワイはParadise、天国楽園~、熱中症なんてなんのその!!



日本の猛暑を逃れる避暑地としてジジババに、その上、山や海で自然と触れ合う夏休みの憩いの場として子供や孫に最適の場所。今回はそういった方々に向けての景気づけ「行け、イケ、行けぇ~!」

①海やプールでの「水遊び」で思いっきり遊べ~!!

今回2泊したヒルトン・ハワイアン・ビレッジでは、4つのプールを制覇しました。

まずは4つのスライダーを持つ大人気の「パラダイス・プール」、次に宿泊タワーの下にあり、リノベーションが終わった「タパプール」そして、キッズプールも含めたメインの「スーパープール」。

子供プールも入れて、すべてやりました~!!前回はパラダイス・プールのスライダーがお気に入りでここ中心でしたが、今回はそれぞれのいい所を楽しみました。

  
  写真左:海のすぐそばにあるメインプール 写真右:ビーチアクティビティーができるラグーン 

しかも最新の技術を使って海水を循環しているデューク・カハナモク・ラグーンは、透明度の高い海水なので、面白かった~!!ここでは色々なビーチ・アクティビティー(カヤック、スタンドアップパドルなど別途有料)を楽しむことが出来ますし、中小の魚がたくさん泳いでいるので、素手で採る魚とりに夢中になりました。もちろん、捕まえてプラスチックのコップに入れた魚は、後で逃がしてやりましたが、案外大きな魚が捕まるものですね。

そして金曜日の夜ともなると、目の前のビーチから花火も打ちあがります。この日も見物客でごった返してました。長い間続けてくれるので、これを見るために遠くのホテルからやってくる人もいるし、花火クルーズなんてのもある・・

特に今回ここがよかったとおもった1つは、ビーチ・プール用タオルカードと無料のプール・チェアー。

ホテルによってはプールチェアーの長時間確保が難しい所もあるけど、ここは問題なかった。またタオル用カードはタオルと引き換えで何回でも交換可能。ちょっと濡れたら、すぐ取り換えてもらって、また泳ぐ!!ただし、最後はカードをフロントに返すのをお忘れなく。1枚10ドルの価値があり、返さないと部屋代に加算されます~!!

②海の動物を間近に体験~!!

熱中症になりやすいので、外での遊びが制限されがちな日本の猛暑、海水浴でも熱中症注意とのニュースですが・・・ハワイではBBQなどの準備をして、一日中子供たちがビーチで遊べるようにすることが多いです。

  
 写真左:カイマナビーチ前で日光浴をしているアザラシ 写真右:ワイキキ水族館も大人気

この日もカイマナビーチ前にはモンクシール(モンク・アザラシ)が日光浴に来ていました。これらの動物は周りに柵がされ触れないよう保護されますが、こういった動物たちのいるビーチで泳げる体験は、またひとしお。終わったら、あとでワイキキ水族館でおさらいするのも楽しいですよ~!!

モンク・アザラシ(ハワイ語でIlio holoika uaua)だけでなく、ウミガメ(Honu)もワイキキ、カネオヘ、カイルア、ノースショア―などのビーチにいますし、冬ともなると、アラスカから子供を産みに鯨がやってきます。

こういった自然に浸れるハワイでのバケーションは、遊びだけでなく勉強の意味あいからも非常に有意義。夏休みの宿題もこれで解決~!!

 

 

③浅い海と深い海の違いを見つけろ~!!

カネオヘのヘエイアケア・ボートハーバーからでる船に乗って、サンドバーと呼ばれる人気の場所に行ってきました。干潮時にはサンゴの砂で出来たビーチが海の中から現われるのです。

ボートで10分程の所にある砂州は浅瀬のビーチで、潮の満ち引きによってはくるぶしまでの深さになることもあります。

ここの浅瀬でビーチバレーボールをしたり、シュノーケルの練習をして、沖合に出来た不思議な浅瀬を楽しむツアーに参加しました。

カネオヘにあるここは、アメリカでも大きなサンゴ礁があり、ハワイでは唯一のサンドバーがある所なのです。このサンドバーはハワイ語で「Ahu O Laka」(Ahuとはpile=堆積という意味でしょうか?、Lakaとは、フラの女神のこと)と呼ばれる島で、干潮の時に現れます。カネオヘにはフラのハラウが多いのは、この女神ラカからきていたのかも・・なんとなくわかる気がします。

  
  写真左:天使の海の浅瀬と深い海のコントラストに魅了  写真右:トロピカルフィッシュがいっぱい

フラの女神であるラカは周りの人に元気を与え、エネルギーのシンボルとしても知られています。フラの踊り手はここで練習をしたという言い伝えもあり、この場所はフラの聖地として、またヒーリング・スポットとして有名になりました。潮が引いた時ここに横たわると、太平洋の真ん中で寝転がっているような自由な気分になり、実際にすっごく癒されます。

   
  写真左:海の色がこんなに違います 写真右:使っている船の1つが「天使の超自然の力」だって~!!

ここはずっと昔、地震で隆起し、長い年月をかけて白いサンゴの砂が堆積し出来た砂州で、サンドバーの端は紺色の深い深い海となるので、端に行かないようにご注意ください。周りには、ハンマーシャークもいるとか。ちょっと怖い気がしますが、このサメは人間に危害を加えません~!!

この辺りは、日本人の間では「天国の海」とか「天使の海」と呼ばれています。今回は「天使の海ツアー」の方に参加させてもらいました。本日は2艘の船が出て、合わせて定員114名満席でした。

天使の海という名前は、社長の名が旧約聖書に現れる天使の名前、所有する船の名が「天使のマナ=超自然力」という意味で、それから「天使の海」というツアー名になったとか~。

あいにくこの日はにわか雨に何回もみまわれましたが、船上の我々はなんのその。サンドバーで遊んだ後は、船の上から海面に顔を出す亀を眺め、途中サンゴ礁の所でシュノーケルをして、たくさんの魚を見ているうちに、海に魅了されて船に上がってしまうのが、いやになってしまいました。

日本では、今年は8月にはいっても引き続き残暑が厳しいとか。過ごしやすいハワイでぜひ楽しい夏休みを過ごせれば、いい思い出になりますね~。

 

そして、新しいアクティビティーが子供用に誕生したので、それも紹介しておきましょう。④夢を追って変身もしちゃおう~!!

8月1日から「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナハワイ」(以下アウラニ)で、子供向けメイクアップサービス「ペインテッド・スカイ:ハイスタイル・スタジオ」が始まりました。 

これは3歳から12歳までの子供を対象にしたヘアースタイルとメイク、コスチューム、アクセサリーなどドレスアップを提供し、アウラニ限定ドレスでめかしたり、モアナに扮したりする子供のためのサロンだとか。

このスタジオでは、こだわりのインテリアや音楽で、ゆったりと心も体もリラックスして変身できるのだとか。

お値段を見ると、アウラニ限定のチュチュやTシャツにヘアスタイル、オーガニックの化粧品を使ったメイクなどで150ドルから~~。モアナの変身は175ドルからってわけで、可愛いお子様を持つ両親にとっても楽しいひと時となりそうな、すごいパッケージが登場したのです。

  
       写真:アウラニ提供のスタジオの様子

これって、特に女の子は大喜びですよね。まだ孫姫たちは知らないけれど、いずれいきたいっていうことになるのが目に浮かび、超怖い~~!!

 

常夏ハワイは住みやすいと思う・・姫庵より

 

 

 


 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!