ちぐさランダム963号

(ハワイ最新ニュース)ウインドワードオアフにはこんなところが・・・!! -竹の男と異名をとるこのエリアがゲリラ旋風を起こす?!   内容:クアロア牧場、サンドバー、ホオマルヒアパーク、アロハポケの問題~!!

Sent on 08/17/18

           
   

  ちぐさランダム963号   

 

ウインドワード・オアフにはこんな所が・・!!

―竹の男と異名をとるこのエリアがゲリラ旋風を起こす?!-

 

(ハワイ最新ニュース)台風やゲリラ豪雨で涼しくなったり暑くなったり。まだまだ厳しい日が続き、心からお見舞い申し上げます。

この所、ハワイ伝説の多いウインドワード(裏オアフ)・カネオヘに行く機会が度々あり、この際ちぐさランダムでまとめてみようと思いたちました。

「カネという神様の新鮮な竹林」とか、「夫の残酷さを竹の鋭い切り口に例えた」とか言い伝えのある「カネオヘ」地区には、これ以外にもいろいろな伝説が残されているのも見どころの1つ。

特にチャイナマンズ・ハットは、火の女神ペレの妹であるヒイアカがモコリイという名のオオトカゲを退治して、海に投げ込んだシッポが島になったと言われていますが、このカネオヘにはいくつもの魅力的な観光スポットがあります。

先日友人と映画村ツアーに参加した様子はちぐさランダム957号でお知らせしましたが、まず挙げられるのが一番有名なクアロア牧場から。

  
    写真左:クアロア牧場と乗馬       写真右:クアロアの映画村のなかの1つのシーン

今ではハリウッドの映画シーンに出てくる場面を訪れる映画村ツアーや、乗馬、四輪駆動バギー、ジップレーンなどの体験ができるアクティビティーが目白押し。

ここの乗馬は、馬によってすごく乗れた気分になるけど、乗れないのを馬鹿にする賢いが頭の固い馬とはアロハの精神で接しなくてはいけないのが・・また楽しい。うまく乗れても乗れなくても馬のせいにしないでね・・。

最近はジップレーンの人気がすごく、前広な予約が必要。広く緑の中を綱だけで走り抜けるってちょっと怖いけど楽しいものですよね。ジップレーン病みつきになりますが、あっという間に終わるのがちょっと寂しい。

映画村ツアーもここで撮られる映画が増えると、スポットも多くなり、クアロアもそれなりの目玉を用意して、お客様を楽しませてくれ、大満足となります。恐竜の仕掛けが面白いよ。でもネタはばらせない・・・

その上放牧されている肉牛を使ったハンバーガーやカフク・シュリンプのランチなどもあり、一日大いに楽しめるところですが、数多くのハワイ伝説が残されている所(ちぐさランダム567号)でもあり、ぜひ皆様で訪れてほしい~!!


次にこの夏に訪れたのがカネオヘ湾に浮かぶ(?)幻のサンドバー。ヘエイアケア・ボートハーバーから15分程でいけるサンドバーは「天国の海」とか「天使の海」として、オプショナルツアーで爆発的人気となっています。

ちぐさランダム961号で様子を一部ご紹介しましたが、日本でなかなか体験できない海の中のビーチは、お天気が良ければ水も非常に透き通って見え、亀や熱帯魚が泳ぎ、インスタ映えも最高~!!

特にマウイ島で生まれたといわれる女神ラカがここで亡くなったといわれて、今でも彼女の名前が付いているのは、フラを愛し、ハワイアン魔力ともいわれるマナを持つ女神だからでしょうか。マナは不思議な力で植物や魚・動物を繁殖させる力もあるために、ここがパワースポットとして知られて訪れる皆さんが癒されるのも頷けます。

  
 写真左:曇っても深く濃い海と浅く白いビーチの境はくっきり 写真右:サンドバーでのバレーボール

また「ヘエイアケア・ボートハーバー」右手に見える岬は、ケアロヒ岬といって、ヘエイア州立公園が中にあり、古代ハワイアンのヘイアウ(祭壇)とか、ハワイ王族の養魚場がある非常に歴史的な場所となっています。

  
   写真左:ヘエイア州立公園のハワイ王族養魚場     写真右:クアロア側にある屏風岩

そして山側を見ると、クアロアをはじめホオマルヒア植物園が控える屏風岩が迫るというわけで、眺めは抜群。さてここで、ちぐさランダム867号でもご紹介したホオマルヒア植物園もご案内~!!

  
    写真左:ホオマルヒアの人工の池で餌のパンを投げる 写真右:道路も舗装されて・・

今年も行ってみたら、前よりもずっと整備されていました。名札を付けた植物の数が増えていたり、散歩道路がもっと整備されていたり、雑草を刈り取って遊べる所がもっと広がったり。

ここの32エーカーの人工湖は、カネオヘ海兵隊の助けで大雨の時は水をためるダムに変わり、町の水害時に一役買う対策が取られていますが、通常は水鳥や魚が沢山いるローカルだけでなくビジターにとっても憩いの場所。


ところで、カネオヘに行った時は、カメハメハ・ハイウェーに面している水色の建物「フレッシュ・キャッチ」でのローカル食をお勧めします。

ハワイの食べ物ではポケと言われるマグロのづけが有名ですが、シカゴの会社が「アロハ・ポケ Aloha Poke」という子会社の店名を商品登録し、最近ハワイを含めてアメリカで「アロハ」とか「ポケ」という文字の使用停止を求めてしまったのです。

アロハもポケもハワイの言葉であちこちで使われているけど、これが使えないっておかしいということで、シカゴの本社前で反対デモ行進の話もあり、今後の行方が気になります。よくまあこんな事が許されるなんて。ハワイのことを知らない人が決定したのでしょうか、アロハの心が全く感じられない・・・

  
  写真左:カネオヘのフレッシュキャッチ店  写真右:ポケはもちろんこんなのも美味しい~!

それはともかく、ポケ丼もおいしいし、魚のフライも魚のタコスも美味しいというわけで、お魚が好きな方は見逃せないレストランです。

カネオヘ以外にもワイアラエにもお店があり、ランチ時は大賑わい。ポケの試食もさせてもらえます。ポケだけ別に量り売りで買えるし、種類も多いんですよ~!!


 

アロハ心でポケを作ればこんな問題は起こせないと思う姫庵より

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!