ちぐさランダム967号

(ハワイ最新ニュース)ハワイの壁は強固?! -荒波にも耐える壁なんてあるのかなぁ?- 内容:カイルアとラニカイビーチの砂、ロイヤルハワイアンの「こころカフェ」、ホノルル・コーヒー・カンパニーに作られた壁画

Sent on 09/21/18

           
   

  ちぐさランダム967号   

 

ハワイの壁は強固?!

―荒波にも耐える壁なんてあるのかなぁ…!-

 

(ハワイ最新ニュース)14年ぶりのハワイという知人を連れてカイルアに行ってきました。しばらく行っていなかったカイルア、私の目から見ても、ずいぶん変わっていましたが、特にびっくりしたのが、カイルア・ビーチの波による浸食の影響の大きさでした。

  
 写真左:カイルア・ビーチに植えられている木を見ると 写真右:根っこが浸食作用で表面に出てきてます

 

丁度カイルアビーチでは、熱帯性低気圧レーンの影響でしょうか??大木が流れ着いていて、しかもビーチに植えられた木々の根元があらわになっています。

そういえば2013年には切り立った6フィートにもなる砂壁が出来たり、潮流の変化で砂が浸食され、川の生活用水が逆流したために修理をしました(ちぐさランダム729号)が、今また浸食が激しくなってきたように思いました。


地球温暖化で、海面が上昇し、カイルアもラニカイも干潮時でないと美しいビーチが見られなくなっています。ラニカイでは海へ続く小道を歩いていくと、干潮時には白砂の美しいビーチが見え人々を喜ばせますが、満潮時には小道からビーチに降りる階段まで波が押し寄せていて、びっくりしたのを思い出します。

  
  写真左:ラニカイビーチへいく小道は人気者 写真右:歩いていって美しい海が見えればラッキー

このきれいなビーチが満潮になると、なくなってしまうなんて、信じられないと思いますが、地球温暖化に加えて、浸食の波から自宅を守るためにビーチに壁を作ったりすることも、波の流れを変え砂がなくなる理由の1つでもあるんだとか・・・。強固な壁を作っても、波の浸食は続く??どこでも大変だぁ~!!

ワイキキでは「キングタイド(大潮)」になると、ビーチの傍にあるホテルは土嚢を置いて海水が入ってくるのを防ぐというニュースも出ています。今ではハワイ沿岸の34%は気候変動などによる波の浸食で危険にさらされているということで、これらを防ぐためには地球温暖化を何とかしないと・・・。 これまた大きな大きなが立ちはだかりましたが、草の根運動で、蟻の穴をあけることによって、この壁が崩れていく可能性が・・・無きにしも非ず、大きな希望をもちましょう・・・

 


  写真:ヌウアヌパリから、海の色が白く変わるサンドバーの様子を撮ってみると

さてさて、カイルアの隣町にあるカネオヘ町の海の真ん中にできたサンドバー(三角州)では、干潮になると砂のビーチが現れることで有名です。朝早くこれを見にヌウアヌ・パリまで行ってみました。写真ではあまりうまく撮れませんでしたが、ちょっと沖合が白くなっていて、海の色の濃淡が現われとてもきれいでした。このサンドバーもみんなの力で自然を大切にして後世まで残していかないと・・・蟻の穴ほどでもなんでもけっこうです、お互いの強固な協力に・・。

 

ところで、ハワイは、オハナ=家族が大変仲良く、お互いに助け合う様は見ていて気持ちがいいものです。今回9月21日にグランドオープンを迎えた「こころカフェ」も、家族愛に満ち溢れたお店で、普通のオープニングセレモニー以上で感激しました。

  
 写真左:ロイヤルハワイアン2階フードコート 写真右:ハワイ風たい焼きワッフルアイス「シャカブーム」

通常のセレモニーにはその店の従業員、これに携さわった人々(建築関係とか大工さんとかデザイナーとか)、それにメディア関係者に牧師様などが集まってセレモニーをしますが、今回はローカルの普通の人々がかなり集まっていて、不思議に思って尋ねてみました。そうしたら、オーナーやその奥さんの家族、友達、親戚一同が一緒に祝福に加わっていたのです。こりゃあ強固な、いや最強の壁で守られてるぅ~!!

写真右上、親指と小指を立てて、親愛の情を示すハンドサイン「シャカ」は、アロハとかマハロ(ありがとう)などの愛情、感謝、尊敬の挨拶表現。それをワッフルにして、あずき、チョコレート、ハウピアや、パイナップルなど4種類から選んだアイスクリームを乗せ、シリアルやフルーツをトッピングした「シャカブーム」(6ドル50セント)は、ハワイのシンボル!「こころ」という名前をお店につけたわけがここにあった~!!

  
 写真左:フワフワ生地の棒つきワッフル「もちポップス」写真右:スクラムを組んだ強固な家族壁

ところで、親戚の方の一人と話していたら、「試行錯誤を繰り返し、試作品をいただき、みんなで手伝ってようやくパイナ・ラナイのフードコートに初の出店ができました。」と大喜び。奥様も感極まって、嬉し涙を流したほど。こんな温かい「こころ」がたくさん集まったこのカフェは長く続いてくれることでしょう。味も美味しいし、見た目もインスタ映えするので、ぜひ訪れてみてくださ~い。営業時間:年中無休 朝10時から夜10時まで 電話:808-388-6552

 

  
   写真左:ホノルル・コーヒー・カンパニーの外観 写真右:その内部は・・・

さて、時を同じくして、ハワイ・コンベンション・センターのカラカウア通り向かい側にある「ホノルル・コーヒー・カンパニー」の「ホノルル・コーヒー・エクスペリエンス・センター」が、この度地元のNPOパウワウ・ハワイのアーチスト兼ディレクターのジェフ・グレスさんとコラボしたので、全員集合~!!てなりました。

  
 写真左:コンベンション・センター向かいに出来たアートウォール 写真右:作者のジェフ・グレスさん

この画はダイアモンドヘッドにワイキキの海、そしてALOHAと大きく書かれた手書きの文字の中に代表的なハワイを描きだしています。Aは珈琲豆の成っている木にコーヒーカップに入った温かいコーヒー、Lはピンクのロイヤルハワイアンホテルとカヌー、Oはパイプラインの波にサーフィン、Hにはハワイを代表するイイヴィの鳥(蜜を吸う鳥)とオヒア・レフアの花、そして最後のAはライフガード所と夕焼けという具合。

  
 写真:ウォールアートをもっとズームインしてみると・・・

ワイキキの入口にできたこのアート壁は、世界から繰る人々をアロハ出迎え、アロハで送る友好の壁だったのだぁ~!!アーチストのジェフさんに聞いたら、まさかワイキキでウォールアートが描けるとは思わなかったと言っていましたが、ここでもロイヤルハワイアンでパイプラインを描いたカメア・ハーダーさんをはじめとして、お母さんや多くの友達が集まって祝福。友達の壁の輪ってうらやましいですねぇ~!!

  
 写真左:ここの朝食、ランチ美味しい 写真右:特にマカロンは絶品~!!

友人に聞いたのですが、ホノルル・コーヒー・カンパニーのこのセンターは、ビジネスマンにとって、よく使う場所の1つだとか。理由は、無料のパーキングがある、中で自由にインターネットが使える、静かでコーヒーのアロマの香りが漂いこころが安らぎ仕事がはかどる、冷房が効いていてトイレもきれい。そしてなにより、コーヒーが美味しく朝食やランチもエンジョイできる。というわけでした~!!

壁がこんなに強固だとは~!!うらやましい姫庵より

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!