ちぐさランダム968号

(ハワイ最新ニュース)ハワイの変化は怖くない?? -土嚢以外にもこんな変化が!!-  内容:シェラトンワイキキビーチホテルのビーチサイド キングス・ビレッジの再開発、鯨の壁画

Sent on 09/29/18

           
   

  ちぐさランダム968号   

 

ハワイの変化は怖くない?!

―土嚢以外にもこんな変化が!!!-

 

(ハワイ最新ニュース)先週発信したちぐさランダム967号で、カイルアビーチなどの砂が少なくなっていて、ワイキキではキングタイドの時には土嚢を積んで波に備えるホテルもあると書いたのですが、たまたまワイキキに行く機会があり、それを見てきました。

  
 写真:シェラトンワイキキ・ホテルの前のビーチもこんな感じで通れません・・・

ハレクラニホテルからシェラトンワイキキに行く海沿いの舗装された小道が、波が押し寄せる関係で、通れなくなっていました。

  
 写真左:海沿いの小道は通行止め  写真右:波の浸食に備えて土嚢も用意  

ビーチタオルなどを貸し出すシェラトンのブースの前には板塀ができていたし、土嚢もたくさんおいてありました。スタッフに聞くと、「夏はキングタイドに備えていましたが、今はそれの心配はなくなりました。でもハリケーン・シーズンに備えて土嚢を置いています。」ということで、ビーチが少なくなり、波が押し寄せるのを防ぐ対策をいろいろとっていました。

 
シェラトン・ワイキキの隣はハレクラニですが、ビーチ側にはやはり板塀が作られていて、波への対処としていました。

板塀ではハレクラニにふさわしくないのですが、季節によってはもう少しビーチが増えそうな気もするし・・というわけで緊急処置にしてあるのかも。

地球温暖化が与える影響に我々がどう対処していくか、草の根運動でもやらないよりはましですよねぇ~!!

 

ちぐさランダム769号で、キングスビレッジが再開発されるという話をし、2016年には工事着工されるなんて書きましたが、まだ工事は行われていません。どうなっているのかとおもっていたら、この度キングス・ビレッジと、それに隣接するハレ・ワイキキアパート、パシフィックエドワード・アパートという3か所 1.05エーカーを買い取り、そこを壊してタイムシェアの31階建ての建物を作るというニュースがでてきました。

  
 写真:1972年に建設されたキングス・ビレッジも2019年には壊されて、タイムシェア―になります・・・

ヒルトン・グランド・バケーション(HGV)の発表では、ホノルルで6番目となる32階建てのタイムシェアを作ることになったとのこと。32階建ての建物と言えば多分330フィートくらいになるので、建物の高さ規制の変更はOKになったのでしょうね。

建物にはスタジオタイプ、1ベッドルームユニット、2ベッドルームユニット、3ベッドルームユニットの191ユニットが作られ、それとともにフィットネスセンターとか、プール、ビジネスセンターなどもできるということです。

キングスビレッジのテナントさんたちは2019年1月31日までに閉店しその後工事を始めて2022年には完成させるとのことで、ここがまたホットな場所になりそうです。ビーチからちょと離れているので、土嚢の心配はいらないですよね。

 

さて、もう1つのニュースは、ケアモク通りからカラカウア通りに入る時に目についた建物です。鯨の絵が描かれたウォールアートいかがでしょうか?なかなか素敵じゃありませんか?

ロイヤル・アロハと呼ばれるアパートの外壁に鯨の美しい壁画、心をうばわれましたぁ~!!ワイキキに入る時にはぜひ目にとめてくださいね。この絵、どうのう???土嚢よりずっと気に入った。青い空と青い壁画とぴったり!!

でもやっぱり土嚢が気がかりの姫庵より

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!