ちぐさランダム998号

(ハワイ最新ニュース)ハワイで初心に返るには~!!  -長年住んでいるとワクワク・ドキドキ感がなくなるが~-  内容:ロック・ア・フラのディナーショーで

Sent on 05/17/19

           
  ちぐさランダム998号   

 

ハワイで初心に返るには!!

ー長年住んでいるとワクワク・ドキドキ感がなくなるが~- 

 

(ハワイ最新ニュース)「グランプリ女優」といわれた京マチ子さんが95歳で亡くなったというニュースがでましたが、彼女のことを知っているのは年配の方々しかいないんですかね。

  
 写真左:スリラーでマイケルになりきって  写真右:ロッカフラベイビーのエルビスのタレント

アメリカでは「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたマイケル・ジャクソンが2009年6月25日に亡くなって早や10年が経とうとしています。同じく「キング・オブ・ロックンロール」のエルビス・プレスリーは死後42年が経ちました。もし生きていたら、エルビスは84歳、マイケルは61歳。我々にはいつまでも活躍していた時の様子しか残っていないように思いますが・・。

幸いなことに、ハワイではマイケルとエルビスになり切ったアーチストたちに会えるので、懐かしさを求めて行ってきました~!!実は昔「レジエンド・イン・コンサート」で、ラスベガスを大きく出したショーでしたが、今回は「ロック・ア・フラ」というショーに。場所は同じロイヤル・ハワイアン・センターB館4階ですが、内容はずいぶん違っていました~!!まずは原点に立ち返って、ハワイの楽しさを味わいなおさなくっちゃ

「ロック・ア・フラ」のパッケージは4つあり、以下の通りで、今回はルアウに参加。
  
 写真左:豪華なグリーンルームでスターと写真 写真右:グリーンルームにすると舞台裏の見学ができる

1.グリーンルーム・パッケージ
ソファーもふかふか豪華感がいっぱいのグリーン・ルームでププや飲み物を飲みながら、出演するスターが来て、一緒に記念写真、なかなか見られない舞台裏の見学、4コースディナー(メインロブスター、鮭、テンダロインビーフ)、VIPエリア・ステージ正面席、

2.ステージサイドVIP・パッケージ
ププとドリンク2杯つき、4コースディナー、ステージ・サイドのプライベート席、

  
 写真左:ルアウコースは4階屋外テラスのカバナでの食事 写真右:ルアウでのマイタイ アルコール有り無しはふちにおいてある果物で変わる~!!

3.ルアウ・パッケージ
屋外テラスでのマイタイ、ルアウブッフェ(丸ごと豚ロースト、ローストビーフ)、なお屋外テラスは200席のテーブルをもつカバナが2つ用意されていました。おすすめはカラカウアに面した側か、その反対側。心地よい風が頬を撫でてくれました。このパッケージはシアターに行く前にも、フラガールやダンス音楽でいろいろ楽しませてくれました、原点はここにありそう。

4.プレミア・カクテル・パッケージはドリンク1杯つき

ショーはワイキキ唯一750名収容のシアターで、夜8時から始まります。

シアター1階はステージサイドに230席のテーブルがおかれています。

ルアウパッケージやカクテルショーの方は、屋外テラスのカバナで食べた後にシアターに移って、2階の487席ある劇場タイプ席を使います。

ステージは横12mX縦9mの巨大スクリーンと17mX6mのステージ、そして左右に2つのこれまた大きなスクリーンあり。

ショーの内容がラスベガスから、1920年代ボート・デイズ、コダックフラショー、エルビスがハワイで活躍した1950年代、火の女神ペレ、ファイアーダンス、そしてマイケルのムーンウォークやモンスターなどハワイを中心にした多彩なものとなっていて、お客様を楽しませます。
                                          

  
    写真左:1920年代のステージ 写真右:火の女神ペレと古典フラ
 

  
  写真左:エルビスになり切って観客にサービス 写真右:もちろんファイアーダンスも~ 

ロック・ア・フラのトリビア5つ~!!
その1 パイナップルが大変だぁ~
ルアウテーブルに着くと、各テーブルごとに生のパイナップル が置いてありました。飾りかなあと思ってはじめはみていただけでしたが、何か変。勇気を出してパイナップルを触ってみると、蓋になっていて、開けてみると、中においしいパイナップルがいっぱい入っていて、早速いただきました。忘れないでね、ルアウの合言葉は、最初ウェルカムドリンク、そしてパイナップルに突撃~!!ハワイといえばパイナップル、食べて食べて~~ 

  
 写真左:ルアウをみんなでいただいてますが・・ 写真右:パイナップルの中が~!! 

 

2.豚が人を惹きつける~!!
これもルアウでの出来事。シェフが豚の丸焼きを持ってきたら、見てみて、SNSに載せなくっちゃ。っていうわけでもないが、若い子たちを中心にみんなが群がってパチパチ写真撮影となりました。2頭の豚が惹きつける力はすごいものです。この丸焼き豚の撮影忘れない事。

  
   写真:豚の丸焼きが屋外テラスのルアウカバナに到着すると、みんなが群がって写真撮り

3.タオルが3995ドルもするって本当??~
館内にはいると、ステージに行く前にギャラリーがありました。マイケル・ジャクソンの手袋や、エルビスが汗を拭く(?)スカーフなど売っています。これもお土産に面白いんですが、マイケルが使ったタオルの値段がすごかった。これはアンティークの価値がでてもっと高くなるかも~ 

   
 写真左:マイケル用の手袋やエルビス用のマフラー 写真右:マイケルが使ったタオルも販売

 

4.ジャネット・ジャクソンとここのダンサーの関係

スタッフの方に、何か面白いことはありませんか?と聞いたときに出てきたのがこれ。

ジャネット・ジャクソンのコンサートのステージで一緒に踊っていたダンサーがここでダンスをしているというのです。

腕に刺青のある人ですって。とってもダンスが上手ですのですぐわかると思いますが、探してみてください~!!

 

5.ボートデイズの時代、船が入るとコインをお客様が海に投げて、それを潜ってとる余興があったが、このステージではそれをどう表したか??

写真右を見てください。こんな風にして、ビーチボーイがコインを海に潜って取ってくる様子を表したのです。面白い方法をとりましたねぇ、これにはびっくり~!!

今回は、3つあるスクリーンをとても上手に使っていて、ボートの時代は船やアロハタワーを映し出し、虹の歌の時は虹が大きくでるし、これはいいなぁと思いました。皆様もご覧になるときスクリーンも見てくださいねぇ~!!

 

こういったショーを見るとハワイに来た時の初心に帰る姫庵より

 

 

 

 

 

●「知らないハワイがいっぱい 最新版」
ハワイでイスラム文化が学べるシャングリラツアー、ハワイのショーがどこがベストか、海へと続くインフィニティープールなど、「最新版」では新しい情報をたくさん追加しました。これ1冊あれば、知らないハワイを楽しく遊べる!